稲葉建装 

   ミニ情報館

店長ママのブログ

ご自宅の屋根や壁だけじゃない。こんなこと困った!

  *ひび割れができている*

窓の回りや切り替え部分のひび割れ

新築から数年がたちご自宅の色あせが気になってきたり、屋根の汚れが気になってきたり…。

ふと窓のサッシの角や壁の境目にひび割れがあることに気がつくことも。

特に富士宮市は3年前の地震の影響もあるようです。

瓦や塀などが落ちるとすぐに直さなくてはと気がつきますが、外壁などは崩れ落ちるほどの被害は少なく目線から少し高い位置であったり、逆に目立ちにくい部分に出ていることもあるのです。

このひび割れ、意外と厄介な症状なのです。

きちんとメンテナンスしていくことが必要なのですが、簡易的に量販店などの壁の補修材を塗っているお宅を多くみかけます。ひび割れに対して塞げば水も入らないだろうと考えてしまいますが、簡単に補修剤(コーキングなど)などで塞いでしまうと細かい塞ぎきれない隙間や劣化してできたひび割れから雨水などが入りいつまでも乾き切らない状態を作り上げます。手をつけないでおく状態よりも悪い状態を作り上げてしまいます。施工はきちんと状態を見極めてその症状にあった補修作業をしなければいけません。

 

 *雨漏りしている!*

雨漏り

これは住んでいる方にとっては大変な問題です。

天井に大きなシミが…。どこに相談してよいのかわからないとゆう声も多く聞くトラブルです。

まずは原因を突き止めることが第一です。原因がはっきりわからないままで補修工事をしてもまた雨漏りが…とゆうことも。

私たちのような塗装や防水の専門店や瓦屋さんや左官屋さんなどでもとり扱っているところもありますので、お気軽にご相談くださいね。

*サイデング壁の隙間のコーキングがやせている、隙間がある*

最近はサイデング(外壁が何枚かのパーツで組み合わされていてつなぎ目をコーキングで塞いであるタイプの外壁)のお宅が多いです。

この外壁のお宅のコーキング。外壁も傷みよりもハッキリと痛みの症状がでてきます。

コーキングはいわば壁と壁の隙間を埋めるゴムの接着剤。ゴムは乾燥してくれば固くなりそのうち割れはじめます。いわばコーキングの役目は果たせない状態になります。このようになると隙間から水は入ります。

新しくコーキングをやり直していく必要があります。

塗装と一諸に施工されるといい場合が多いです。

*ベランダ防水が傷んでいる*

ベランダ部分で多いトラブルはやはり雨漏りが起きてしまうような防水の機能劣化。外に出ている部分のために痛みが早く排水ドレーンなどのパーツもあるので水分を多く含みまた日差しに強くあたるので亀裂などがベランダのどこかで起きるとそこからの防水のシートの下にまで水分が回り下地を傷めたりすることも多いです。専門性の高い分野です。気になる症状は早めの相談が大切です。

  *樋の色褪せ*

壁や屋根は年数と共に色あせや痛みが気になりますが、お家を作り上げるパーツとして大切な部分、樋も色褪せなどが目立つ部分です。屋根に落ちる雨水は樋を通って地面に降りて行きます。樋は外壁や屋根よりも全然厚みもなく、筒を大量の雨水が通り抜けていき、外側は日差しに焼けるので劣化も早いです。劣化が進むとひび割れ、破損になっつてしまいます。そうなると撤去付け替えと金額も大幅にかかりますのでそうなる前に塗装でのメンテナンスが一番経済的です。

  ご自宅のどんな部分も大切な役割を果たすの一部です

  ご自宅にはそのほかにもたくさんの機能を果たすパーツが沢山あります。

  どの部分も大切なご自宅を守る役割を果たしています。

  長年の時間の経過とともにその機能を果たすことが難しくなってきます。

  それぞれに必要なメンテナンスがよりご自宅を長生きさせる秘訣ではないで  

  しょうか?

  気になる・困った・これはだいじょうぶ?とおもうようなときにはお気軽に  

  ご相談ください。